「靖国」に埋もれている、決定的に重大な真実

 

 稀代の妄想家が、裃(かみしも)を着せられ、絶対的権威となってゆく、まことに奇想天外のプロセス

 

(1)プロローグ

 一切れのパンという題名がつけられた、ナチスドイツ下のヨーロッパでの話をご存じだろうか。ナチスドイツ軍がルーマニア国籍の人々を強制収容所送りのため列車輸送を開始した時のことである。輸送列車から脱走を試みた人がいて、そのうち奇跡的に脱走に成功した若者が、のちに残した手記で、今も語り継がれているものである。日本でも、かつて小学校の教科書にも載っていたことがある有名な話であるが、このルーマニア男性が列車脱出からの別れ際に、ユダヤ人の老人からハンカチにつつんだ小さな包みを受け取った。「この中には大切なパンが入っている。このパンは、脱出後必死に努力して自由の身になれるまで、決して簡単に開けてはならない。」と。

この男性はこの包みを最後の希望として、ドイツ兵に捕まる寸前になりながら、その後ひたすら耐え忍びきって奇跡的にルーマニアまで帰り着いて、自由の身になったのであった。

後日、この男性がこのハンカチの中を恐る恐る開けてみると、なんとそこには、列車の底板を剥いだ小さな木の破片だけが入っていたのであった。

 

一瞬、絶句である。まさに頭がくらくらするような話である。このユーマニア人の男性は、とても立派な良い人だったのだろう、このユダヤ人の長老に感謝を込めて、この手記を後世にのこしたのだろう。

 

でも、ほんとうにそんなオチでよいのか、という複雑な絶望感を覚えるのは私だけではないであろう。世の中の大半の人は、木の欠片を最後までにぎりしめて困難に耐えられる人ばかりではないのに、とか、ユダヤ人とはそんな恐ろしいウソをつくのか、とか、ナチスに殺されなかったらそれで、めでたしめでたしなのか、等々。このパンの話が、小学生の作文の題材としてはもってこい、ということだけはたしかである。

 

 

明治維新直前、日本は、西欧列強国の砲艦外交と呼ばれる一方的な軍事的圧力で、国家消滅寸前まで追い詰められた。そのとき、多くの日本人が、その最後の希望として日本はどこの国にも負けない世界一歴史ある偉大な皇国ある、と必死に握りしめてきたのが靖国の精神であることは、歴史的事実である。

 

 

 

わたくしは、最近、靖国神社の成立の経過を知れば知るほど、靖国とは、ユダヤ人の長老からこのルーマニアの若者に渡された、パンのごときものではないのか、という思いに駆られるのである。握りしめて必死に走ってきたが、恐る恐るよく見てみると、我々が希望の拠り所として、そしてこれからも日本人の希望として握りしめていけるようなパンではないのが、残念ながらわかってしまったのである。

 

パンでないと分かってしまったら、捨てる他に道がない。靖国は本物の”パン”なのかどうか。とうとう本気で考える時が来たと思う。目を澄まして、素のまま見つめると、驚くほどお粗末なこのお社である。この項でぜひ、靖国の本当の姿を知ってほしい。そして、これから日本人はどうしたらよいのか、本気で考えてほしいのである。そして、”靖国”とは決別すべき時が来た、と思ったらぜひ新たな一歩を踏み出してほしいのである。